前へ
次へ

お葬式の流れについてのご紹介です

人が亡くなった場合には、通夜を行い、葬儀、告別式を行います。
最近は通夜を省略することもあります。
通夜をとりおこなう場合は、まず会場を決めます。
自宅であることもあれば、葬儀場であることもあります。
一般的にツヤが開始される時刻は、午後6時からです。
喪主が会場に到着してから、通夜式終了まで2時間から3時間が一般的です。
遺族は、通夜開始の2時間前には会場に行って、参列者の受付準備をします。
芳名帳や筆記具などが必要となるので用意しておきましょう。
後日、葬儀と告別式を行います。
遺族は、葬儀開始の1時間前に集合し葬儀担当者と段取りの確認や受付準備を行います。
葬儀開始の15分から20分前には着席できるようにします。
葬儀が開始されると、ご僧侶による読経が行われます。
僧侶の焼香のあとに、喪主・遺族・一般参列者という順番で焼香を行います。
葬式が終わると、告別式となり最後をお別れをします。
その後、遺族や親族で棺を運び、寝台車に乗せます。
その後、火葬となります。
下層の間は遺族や同行者は控え室にて待機します。
その後には、骨上げとなります。

Page Top