前へ
次へ

葬式を行う前に事前に確認すること

葬儀費用が高額になることから、家族葬という葬儀スタイルが行われるようになってきましたが、お通夜、告別式をひっそりと行うには事前に確認することが必要です。
葬儀の参列者の人数を減らすと費用は抑えられますし、遺族の金銭的な負担、精神的な負担はへりますが、参列したい、お別れをしたいという人達がいることを忘れてはいけません。
そんな人達が突然、知人の訃報の手紙を知ったらどうなるでしょうか。
弔問に訪れるのは当然のことです。
そうなると、遺族の家に休日のたびに人が訪れ、時間を割かれることになりまし、香典返しを渡さなくてはなりません。
簡素にしたつもりが葬儀の後が面倒になります。
ですので簡素に家族葬で行うのであれば、故人が亡くなる前に連絡が必要な人をリストアップしてもらい、連絡をしっかりすることが必要です。
また、葬儀後の連絡にしても葉書に弔問はご遠慮してもらう旨の内容を記載することが必要です。
簡素にしたつもりが後々遺族に精神的な負担が増える可能性があります。

Page Top