前へ
次へ

親類の香典には世間の相場以上のことが必要

葬儀、葬式は宗教的な儀式ですが以外にお金がかかります。
遺族がその費用に充当するのが香典です。
香典は葬儀、葬式で霊前に供えるお金になりますが、霊前に供えるのですが、不祝儀袋にお金を入れて受付に記帳の後に渡してしまいます。
結婚式のご祝儀と同じですが、香典にいくら包むかは世間一般に相場の金額があります。
しかし、通夜、葬儀に参列する人数、遺族、故人との関係により香典の金額は多少変わってきます。
親戚ですと、1万、3万、5万円ほどになりますが、もし、通夜に参列する人が3人でしたら、1人1万でなく、3人連名で5万円ほどがいいでしょう。
人数が多いと葬儀での振舞いもその人数分になりますし、香典返しも増えてきます。
また、親族との関係を考えた時には、その後の付き合い方も考えて多少増やしてもいいかも知れません。
ちょっとしたお金で親族間のトラブルになることも少なくありません。
親族間で取り決めで金額を定めていれば問題ありませんが、金額以外でもちょっとしたお供え物を用意しておくといいでしょう。

Page Top