前へ
次へ

弔電を送るときにはマナーを守ろう

やむをえない場合には弔電を送ることで葬儀に参列できない非礼をわびることや、亡くなられた方への哀悼の意を表明することができます。
故人を偲び、遺族にお悔やみの言葉を伝えることは、亡くなられた方だけでなく、遺族への配慮にもつながります。
なお、弔電を送るときに、どんな文章にしたらいいのかわからないという人も少なくありません。
しかし、電報を担当している会社のサイトでは例文を公開しているため、例文を参考にして弔電を打って葬式に間に合わせるのは良い方法です。
ただし、亡くなられた方の家の葬式の形態がどのような物なのかを確認してください。
一般的に仏式で使用される言葉はキリスト教や神式の場合にはふさわしくないため、避けることが必要です。
また、単なる弔電だけではなく、様々なアイテムやプリザーブドフラワーのような花束と共に提供していることも少なくないといわれています。
線香を贈ることも仏式の場合にはいいですが、キリスト教式などの場合には失礼に当たるため、避けましょう。
弔電ひとつとっても相手への失礼にならないように配慮する必要があるため、納得できる形で贈ることが大切です。

Page Top