前へ
次へ

お葬式の受付係になった際の服装は一般参列者と一緒

お葬式に参列するにあたり受付を頼まれることもありますが、依頼をされるにしても当日の受付をお願いされること自体、一生のうちに何度もある事ではありません。
縁がない人なら1回も受付をすることがないでしょうし、それくらいほとんどの人にはなじみがないため、受付係になってもマナーなんて知らなくて当然です。
親族の葬儀だけではなく仕事関係や知人など、様々なつながりで受付をお願いされる可能性はあります。
受付だからといってお葬式の日には、何か特別な衣類を揃えないといけないわけではありません。
葬儀を出す側の立場としてふるまうことにはなるものの、それでも一般の参列者と服装は基本的に一緒です。
男性だったらブラックスーツに黒いネクタイと黒い靴下に靴、女性の場合はブラックスーツか黒色のワンピース、足元はストッキングを履きます。
性別は関係なく受付をする時に気を付けるのは、この日ばかりはアクサセリーは全て外すこと、靴やネクタイなど光沢があるものはNGです。

Page Top